Asia(アジアのお祭り)

【穴場】インドの奇祭プリカリ!ぽっこりお腹のトラパレード!

わっしょい( ˆoˆ )/
世界のお祭りを巡る、奇祭ハンターのちよ子(@tailovene)です。

今回は「ハッピーオーナム!」が合言葉のインドの収穫祭、オナムフェスティバルの最終日に披露されるプリカリ

顔や身体にペイントするのって非日常を手っ取り早く?体感できてだぁいすき!
しかも今回は今までのボディペイントの中でいっっちばんクオリティの高かったお祭りを紹介します!

ちよ子

虎ダンス『プリカリ』は写真を見るだけで楽しい、まさにフォトジェニックなお祭りなのでぜひ読んでって〜!

オナム?プリカリ?とは

・オナムとは・・・千年以上も続いているインド南部のケララ州最大の収穫祭。
古代インド神話に登場するマハーバリを称え、ケララに戻ってくることを祈願するお祭りのようです。

・プリカリとは・・・収穫祭オナムの最終日に披露されるタイガーダンスのことで、
200年以上前から続いているそうです。
(マラヤーラム語でプリ=タイガー、カリ=プレイという意味)

元々は虎を狩りするハンターの動きがメインだったが、当時の王様がインスピレーションを受け、野生で勇敢な精神を表すもの、そして兵士たちを誇示したかったのを踏まえタイガーダンス(虎)がメインとして誕生したそう。

※神さまの乗り物が虎だったという説もあるそうです・・・

プリカリの開催日時

2019年のオナム祝祭期間は9/1(日)〜9/13(金)
プリカリはオナム終了の最終日(9/14)の夕方16時〜21時に行われます。

トラのペインティングは夕方16時からのパレードに備えて早朝5時から開始されます。(とても時間がかかる)
塗っては乾燥するのを繰り返し、何層にも分けてグラデーションに塗りながら虎やライオンのペインティングをしてました。

プリカリの開催場所

プリカリの開催場所は、トリチュール

南北に長いケララ州のほぼ中心に位置し、伝統芸能の保護や育成する機関が多いことから「ケララ文化の都」と呼ばれています。

トリチュールの町はヴァッダックンナータン寺院(Vadakkunnathan Temple)を中心に広がっていて、この寺院を囲むようにできたスワラジ・ラウンドという環状道路でプリカリのパレードは披露されます。


※ヴァッダックンナータン寺院はヒンドゥー教徒以外は入ることができません。

トリチュールへの行き方

トリチュールへはコーチン空港が玄関口になります。

日本からだとスリランカやシンガポール、バンコク経由の国際線、もしくはデリー経由での国内線などいろんな行き方がありますね!

コーチン空港からはバス・電車もしくはタクシーで1〜2時間半ほど。(時間帯によっては渋滞で所要時間が長くなることも)

一番簡単な方法はUberでの手配ですね!
Uber アプリで『4zxxw7 』のコードを使用して最大 ₹25 までの無料体験をプレゼント!
▶︎クーポンはこちらから

トラのボディペイントの場所

虎ダンスを披露するのは計6チーム。
トリチュール市内・郊外でチームごとにボディペイントをしていきます。

何層にも分けてペイントしていくので、その都度乾燥に1時間ほど時間を置くそうです。
人数が多いチームだと早朝5時からペイントを始めます!

👇2019年のペイント会場はこちら👇
※ペイント会場は毎年変わるそうです。


(1)(MG road Kottapuram *aravi hotel* near
Kottapuram center

(2)Kottapuram Desam *namboothiri vidhalayalm thriisur*

(3) trikumrakudm *Kerala Varma college*

(4)viyyur Desam *near manlarukkavu temple*

(5) _viyyur center_ *near viyyur Siva temple*

(6)Ayynthole Desam *near ayyanthole ground*

\私もやってもらいましたぁ!笑 /

ちよ子

ペイント代は「君の気持ちで良いよ!」と言われたので500ルピー(700円くらい?)払いました!
現地の物価的に高額かもしれませんがお祭りに関係ない女がお邪魔している訳なので…。

でもね、現地の方から嬉しい言葉をもらったの!
▶︎【マンガ】インドのトラ祭り・プリカリってこんなかんじ!【裏話】

【Kummati】プリカリ前後のオナムも大盛り上がり〜!


私が参加したのはトリチュール郊外(リキシャーで10分ほど)で行われていたオナムフェスティバルのひとつ「kummati」という祝祭。

オナム祝祭では、それぞれの神様のマスクを装着します。
ナラダ、ハヌマーン、カッタラン、クリシュナ、タラ(老女、パルバティのシンボル)など。

そして伝統的なパーカッションとバンドメラムを伴い、プラナのシーンやキャラクターを描いた巨大な山車も用意されて夜までパレードとダンスで大盛り上がり。

オナムプーカラム (Onam pookkalam)

オナム期間中、街中でよく見かけるのはキレイに揃えられた円形のフラワーカーペット。

お花や色砂を用いて作られるオナムプーカラムは、マハーバリを迎え入れるものとされているようで街中やお店・モールの中でもあちこちに作られています。

オナムサディア(Sadhya)

南インドのオナム期間中の食事の代表料理といえばサディア。
バナナの皮の上にご飯やチャパティ様々な種類のカレーや総菜などが入った食べ物でランチの時間帯によく食べられます。

プリカリでおすすめのホテル

今回宿泊したのはトリチュール中心でもあるヴァッダックンナータン寺院の目と鼻の先にある『Pooram International』

☑︎一泊3000円ほど
☑︎早朝からチェックインができます!
☑︎24時間フロント
☑︎レストラン完備!

観光客が珍しかったらしく
3日連続地元の新聞に載っちゃいました〜!

そして☑︎自分が載った新聞をたくさんくれる良いスタッフさんたちがいる!笑

Booking.comで詳細をみる

まとめ

東南アジアの中で「観光客が珍しい」お祭りがまだあったなんて意外でした。

治安面が心配されやすいインドの中ではとくにとても穏やかで治安面含め過ごしやすかったです。
(たまたまかもしれませんが、料金をボるリキシャーもいなければ、痴漢に遭うこともなかったです)

たぶん来年も行きます。
仲間に入れてくれて本当にありがとう。

観光客が珍しすぎてか地元の人のYouTubeにもアップされました😂!


インドではWhatsApp利用者が100%!
気軽に友達になって、写真を送りあおう♡

地元メディアの人がひとりでは撮れない写真をたくさん撮ってくれました!
WhtasAppで共有!感謝!

さいごに・・・

どうしてもおでこが落ちない😇
参加希望者はくれぐれも気をつけて・・・
【マンガ】インドのトラ祭り・プリカリってこんなかんじ!【裏話】わっしょい( ˆoˆ )/ 世界のお祭りを巡る、奇祭ハンターのちよ子(@tailovene)です。 非日常を手っ取り早く?体感できる...