CentralAmerica(中米のお祭り)

【リアル リメンバー・ミー!】街中がドクロだらけ!死を恐れないメキシコの死者の日♡

いよいよ本日!日本公開♡!
(2018.3.16追記)

2018
春ディズニー最新映画『リメンバー・ミー』


出典:http://www.disney.co.jp/movie.html

なんと今回のディズニー最新映画は、
メキシコの『死者の日』が舞台になっているんですっ♡!

この”死者の日”は、
アメリカでいう”ハロウィン”、日本でいう”お盆”のようなお祭りです…。というと簡単ですが、

とーっても奥が深くて最高にステキなお祭りなので皆さんに是非ご紹介したいっ♡!

『Dia De Los Muertos』死者の日


2003年にユネスコ無形文化遺産に登録もされた
メキシコの伝統行事、
『死者の日』

は、正式名称
『Dia De Los Muertos』(ディア・デ・ロス・ムエルトス)

この日はメキシコ人にとって死者が帰ってくる日とされていて、家族で集まるとても重要な日になります。

死者の日の開催日時

死者の日は毎年11月1,2日に行われます。

1日は、子どもの魂が帰ってくる日
「Dia de los Angelitos」(小さな天使の日)、

そして2日は、大人の魂が帰ってくるとされています。

日本のお盆の様に
メキシコ人もこの時期に合わせてあちこちと帰省します。
※バスなどの移動の予約は、若干注意です!笑

死者の日をどこで過ごす?

死者の日はメキシコ全土で行われています。
その中でも行事イベントのあるおすすめの開催場所をどうぞっ♡!

メキシコシティーのパレード

首都のメキシコシティーのパレードは必見です!

死者の日前の週末に、
数10万人もの人が集まる大規模のパレードが行われます。
この大掛かりで派手な山車が見れるのはメキシコシティーだけ!

お盆ということもあって比較的に静かにまったりと過ごす死者の日ですが、
シティーのパレードはスカルメイクの人たちがここぞとばかりに街に溢れかえり盛り上がります💀♡

※メキシコシティーのパレードは、
死者の日前の週末、独立記念塔からソカロ(約5km)にかけて練り歩きます。


パレード中のイケメンに一目惚れ!
思わず駆け寄って写真撮ってもらっちゃいました♡笑

伝統あるオアハカの墓地

死者の日といえば、現在も先住民族が暮らし
昔ながらの風習が残っていると言われている
オアハカが有名です。

なんといってもお墓の装飾がスンバラシイっ!
ぜひ現地ツアーに参加するか車をチャーターして
オアハカ郊外にあるお墓スポットを巡ってください!!

オアハカの有名墓地スポット

①サンミゲル共同墓地(San MIguel en la Ciudad)
②ホホコトラン共同墓地(en Santa Cruz Xoxocotlan)
③サンフェリペ共同墓地(Panteon De San Felipe)
④エトラ谷方面のアツォンパ
(Atzompa)

マリーゴールド畑に行ってみよう!


死者の日に欠かせない花の畑!
そう、マリーゴールド畑は、
個人的に死者の日前にぜひ訪れてほしい場所です!

夏はひまわり畑が人気でしょ🌻?
ならば、秋はマリーゴールド畑でしょ♡?

”お祭りに関することなら何でも知りたいっ!欲求”が
国中のマリーゴールドの花とともに溢れ出てしまったので探しに探しました!笑

そして行き着いた先はメキシコシティからバスで2時間ほどの、
プエブラ(Puebla)郊外のチョルーラ(Cholula)という町にマリーゴールド畑を発見っ!!

スペインのひまわり畑が鑑賞されていない様に、
メキシコのマリーゴールド畑も現地人にとっては
立ち止まることない素通りポイント。

でも、日本人は好きですよね♡ ね?みなさん♡

期待通りのオレンジ色のボンボンたちが、
蜂さんと共に出迎えてくれてまさに絶景でした🏵🐝

ぜひ死者の日に向けて、
全てマリーゴールドが刈られてしまう前に訪れてみてください♡

死者の日の歴史


出典:https://www.atlasobscura.com/articles/morbid-monday-la-santa-muerte-2
起源は500年前に滅びたアステカ文明時、
毎年夏の1ヶ月間、アステカ神話の女神・ミクトランシワトル(Mictlantecihuatl)を祭礼行事が行われていました。

ミクトランシワトルは死者の骨を見守り、
死者の祭典をとり行う女神であり、
別名は死の夫人と呼ばれているそうです。

もともとあったインディヘナの死生観や宗教観と
あとから侵攻してきたスペイン人のカトリック教の
聖徒の日(11/1)とまざり、
少しずつかたちを変えて現在の死者の日となったそうです。

死者の日にかかせないもの

オフレンダ(Ofenda)


オフレンダとは、死者に捧げものをするための祭壇になります。

街のセントロや建物の中でもよく見かけるオフレンダは、
ガイコツのオブジェやマリーゴールドを始め、
写真や食べもの、故人の好きだったもの、
色とりどりの切り絵飾り
”パペルピカド(papelpicado)”などの装飾が飾られています。


出典:http://www.disney.co.jp/movie.html
ディズニー最新映画『リメンバー・ミー』でも、
このオフレンダがどれだけ大事なものか、
重要さが強く伝えられています。

マリーゴールド(Marigold)


マリーゴールドの花は、
死者をオフレンダまで連れてきてくれる
という言い伝えがあり、
死者の日週間では、
町中至る所にマリーゴールドの花々を見かけます。

死者の日にマリーゴールドはかかせないのです!

マリーゴールドを上手に使ったファッションはさすが♪

パン(El pan de muerto)


死者の日のパンとして町中で見かけることが多い、
かなりシュールなエル・パン・デ・ムエルト
初めて見たとき心がザワザワしました。笑

昔、原住民には生け贄の心臓を
アマラント(ヒユ)と一緒に煮込んで食べるという慣習があったそうで、
さすがに侵略してきたスペイン人もこの風習のヤバさを感じたのか、パンに落ち着いたそうですね。。笑

死者の日パンの由来を聞いてからも心がザワザワしたことでしょう。笑

パンは意外にふわふわしていて、柑橘系がほのかに香ってきます。
オアハカ地域では、ホットチョコレートドリンクと一緒に頂くのが主流なのでぜひ試してみてくださいね♡

ガイコツメイク(Make up)


町中のみんながやってるガイコツメイク!
メキシコでのハロウィンメイクはみんなガイコツに統一してます!
路上や公園、町の中心部にメイクをしてくれる人多数いるのでぜひ本場の方にやってもらってくださいっ♡


出典:http://www.disney.co.jp/movie.html

映画をよく見ると『リメンバー・ミー』内でも
色んなメイクがされているので要チェックです♡

私のメイク中、急に地元の人が
「ここもっとこうしたら〜?」と茶々を…
いやアドバイスをもらったりとお祭り期間中は町中が和やかなムードで気分もルンルン♪

ちなみに見本の上の真ん中メイク、
左の真ん中メイクをオーダーした顔がこちらです💁♡
多少アレンジも加えてますが♡
自分の好きな色のスペイン語だけ
頭の片隅にでも入れとけば完璧かと思います♡!

死は決して怖いものではない

死は怖いものではないんだよ。
誰にだってやってくるものなの。
恐れるのではなく、
みんなで明るく受け入れていこうよ。


そんなメキシコ人の想いからか、
こんなに怖くない墓地は初めてでした。

オレンジ色に灯るキャンドルが心に安堵を与えて、
穏やかで楽しそうにお墓を囲って家族団らんしている姿が印象的で、
墓地全体を見入ってしまうほど。
(at オアハカ)

こうした雰囲気で死者を迎え入れるメキシコ文化にとても魅了され、
帰国してから、日本にあるおばぁちゃんのお墓を
マリーゴールドでデコろうとしたら
父親に全力で止められてしまいました。ƪ(˘⌣˘)ʃ

これは父を連れて行きプレゼンする価値がありますね!
私の今後の課題です!w

youtube

https://youtu.be/iWqcrd7k1q8

おすすめの映画『リメンバー・ミー』

おすすめの映画はもちろん♡『リメンバー・ミー』!
これはまさに家族に会いたくなる映画”

1番の応援者である家族と映画を観終わったあとは食事へ…♡
旅が終わったまさに今!
家族との時間を改めて大切にしたい。と思える映画でした。
次は一緒に死者の日に行きたいな♡♪

おすすめサイト『VIVA!MEXICO』

もっともっとメキシコについて知りたいっ!という方に朗報です♪
実は、私の友達がかなりのメキシコオタクのメキシコマニアっ!
メキシコのインスタ映えスポットや観光・治安情報など
最新のメキシコ情報が満載なので要チェックです♡

▶︎VIVA!MEXICO◀︎

帰国後の再会でおーちに遊びに行ったら、
なんとまぁ、メキシコ雑貨が溢れんばかり♡!笑
そんなオタクと一緒に死者の日に参加した思い出はプライスレス♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 西アフリカのニジェールで行われる美男子コンテストがイケメンすぎる♡!
  2. 世界最大のリオのカーニバルを120%楽しむ完全攻略ガイド♡【宿情報あり】
  3. 【北朝鮮報告会イベントレポ 】ご来場ありがとうございました!
  4. >>>VRで巡る!世界の奇祭展<<<個展開催のお知らせ
  5. 【閲覧注意】黒魔術?ベナンの謎多きブードゥー教の祭り『エグングン』

関連記事

  1. Europe(ヨーロッパのお祭り)

    世界で1番有名なお祭り・スペインのトマト祭り(La Tomatina)をおすすめしない5つの理由

    どうも!時々あまのじゃくに変身しちゃうちよ子です♡今回はあまのじゃ…

  2. Asia(アジアのお祭り)

    【アジア三大祭り】スリランカのペラヘラ祭り

    世界のお祭りを巡る、奇祭ハンターのちよ子(@tailovene)です。…

  3. Africa(アフリカのお祭り)

    >>>VRで巡る!世界の奇祭展<<<個展開催のお知らせ

    どうも\( ˆoˆ )/♡世界のお祭りを巡り続ける、奇祭ハンターの…

  4. Colombia(コロンビアのお祭り)

    マフィア?麻薬?いえいえ花の都のメデジンです♡

    私の大好きな国♡何もせずに2か月半もいてしまった。。。笑滞…

  5. festival(世界のお祭り)

     【部族フェチ必見♡】パプアのパリコレ!世界最大の種族集会ゴロカショー

    ハワイに行きたい!ハワイに行きたい!ハワイに行きたいーーー!…

  6. Europe(ヨーロッパのお祭り)

    人目気にせず楽しみたいならヴェネチアのカーニバルがおすすめ♡

    季節もそろそろ冬!寒くなってきた季節に思い出すのがカーニバル!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新のつぶやき♡

最近の記事

  1. Brazil(ブラジルのお祭り)

    世界最大のリオのカーニバルを120%楽しむ完全攻略ガイド♡【宿情報あり】
  2. Asia(アジアのお祭り)

    【北朝鮮報告会イベントレポ 】ご来場ありがとうございました!
  3. Africa(アフリカのお祭り)

    【閲覧注意】黒魔術?ベナンの謎多きブードゥー教の祭り『エグングン』
  4. Africa(アフリカのお祭り)

    >>>VRで巡る!世界の奇祭展<<<個展開催のお知らせ
  5. News!(お知らせ)

    【執筆】世界3周目に突入する奇祭ハンターが選ぶクレイジーなお祭り30選|TRIP…
PAGE TOP