Asia(アジアのお祭り)

【死ぬまでに見たい】世界三周した私が選ぶ、世界で一番美しいお祭り♡タイのイーペンサンサーイ祭【絶景】

突然ですが!2017年開催決定】です!!!

主催の仏教団体の坊主が、
横領・脱税し逮捕され、
開催が危ぶまれていたこのお祭り。笑

いろんなお祭りに参加してきましたが、
世界一美しいお祭といっても過言ではないでしょう!

あまりの美しさに、当時「彼氏と見たかったー😩!」とブーブー言いまくり
仲間たちに顰蹙(ひんしゅく)を買ったくらいです笑

もう男となんて言いません。
いつか出来るであろう自分の子どもと見にいきたいっ♡!
(予定なし!)

あとどれだけ世界を回れば出会えるのか
そろそろ神様教えてくださいよ。。

ディズニー好き必見!ラプンツェルのモデルとなったお祭り

実はこのお祭り、
ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』で
国民がお姫様の誕生日にコムローイ(ランタン)を空へ飛ばすシーンのモデルとなったことから
一気に知名度を上げたお祭りなのです!

コムローイ祭の起源

チェンマイのサンサーイというエリアで行われていた行事が現在に残っているそうです。

このコムローイ祭はブッダに感謝を捧げる目的で行われており、
仏教僧侶たちがお経を唱え、ろうそくに火を灯し空へ放つという、実はガッツリ系仏教のお祭りなのです。


コムローイは写真で見る想像よりもかなり大きいです。
4〜6人程度で上げるのが◎

以前行われていた『イーペン・サンサーイ』

正式名称はYeepeng Sansai (Floating Lantan Ceremony)

過去開催されていた現地人向け「イーペン・サンサーイ」は、入場料なし!

外部で売られているコムローイの持ち込みは禁止で、
一斉上げに参加する場合は、
公式のコムローイ代100バーツ(日本円にして300円)を支払います。
(購入しなくてもOK🙆仲間とワリカンもOK🙆)

タイ語で「コム」は”光”、「ローイ」は”浮く”という意味です。

名前の通り、この何万ものコムローイ(ランタン)を一斉に夜空へ放つ幻想的な光景は、
涙が出るほど本当に美しいです。
この日ばかりは飛行機も飛ばないみたいですね。

ふわっと優しいスピードで空へ飛んでいく温かなオレンジの色合い、
周りのコムローイも寄り添うように、後を追うように、
ふわふわゆらゆらと飛んでいきます。

コムローイの優しい光はずっと遥か遠くまで見えるのが不思議でした。

youtube

タイ人の友達に「忘れたいことをコムローイに書いて飛ばすんだよ」と教えてもらいました。

今記事を書き出してみれば、そんな情報は全く出てこなくて…わたし、嘘つかれてたんですかね?笑

ちなみに世界一周始めたばかりの当時、
その友達に教えてもらって私が書いたことは、、、
”年齢と貯金の残高”でした!え♡笑

現在行われている『インターナショナル』

以前は、現地人向けの「イーペン・サンサーイ」、
外国人向けの「イーペン・ランナー・インターナショナル」
と分けての2日間、
どちらもメージョー大学で行われていましたが

現在では、外国人向けの完全チケット制となる
「イーペン・ランナー・インターナショナル」のみの開催となってしまいました。

外国人向け「イーペン・ランナー・インターナショナル」のチケットは、
な、なんと入場料100ドルっ!!!

地元向けと比べると、この価格差は言葉を失ってしまうのですが、
イーペン・サンサーイが行われなくなった今、
あの景色に100ドル払う価値はあると思います!

30万ドルの夜空ですよ!!!

この100ドルのチケットは、
ほとんどが旅行代理店が毎年買い占めてしまうので
購入したい場合は、現地もしくは日本の旅行会社に問い合わせてみてください。

ちなみに外国人向けインターナショナルの
入場料をケチって、外で見た場合の景色はこちらになります💁

新たなイベント『イーペン2017・イン・ドイ・サケット』

今年はギリギリまで開催が危ぶまれていた
『インターナショナル』だったので、
約1000名の規模に拡大し、
地元の村とチェンマイ旅行会社がタッグを組んだ
新たなイベント『ドイ・サケット』も登場しました!

灯籠流しのロイクラトン祭

空へ放つコムローイ祭が終わった後日、
花やロウソクなどで装飾された灯籠を川へ流す、
灯籠流し(ロイクラトン)が行われます。

タイ語で「ロイ」は”流す”、「クラトン」は”灯籠”という意味です。

タイの灯籠流しは、色々な意味が含まれています。

まず水の精霊に、今年の収穫に感謝すること。
過去の自分の犯してしまった過ちや罪を川へ流す
ということ。
そしてこれからの幸せを願って灯籠を流す。
というものらしいです。

こうして新しい年を迎えることができると言われており、
これもとても仏教の強いお祭りになります。

チェンマイのピン川には数々の灯籠がゆらゆらと流れていき、
空へ放つコムローイと川へ流す灯籠は、
人々の願いが作り出す天の川のようでした💫

お祭り期間は、
ターペー門を中心に山車のパレードがあったり、

色とりどりで華やかなランタン、
出店や大道芸などが行われて盛り上がっています♪


ターペー門から続く毎週開かれるサンデーマーケットも
規模も大きく掘り出し物がたくさんあるので
是非行ってみてくださいね♡♪

詳細日時まとめ

日時◇毎年11月の満月の日
大体2〜3ヶ月前に開催日が決定されます。

無事に2017年開催決定!日程は11/3です!

インターナショナルのコムローイ上げの場所は、ターペー門から約15キロ離れたメージョー大学敷地内になります。
Lanna Dhutanka ( ธุดงคสถานล้านนา ) 18.91192, 99.01354

『インターナショナル』タイムスケジュール

17:30 開場
19:00 僧侶たちの読経・瞑想のセレモニー
20:00〜21:00 コムローイ一斉上げ

『ロイクラトン』場所

灯籠流しの場所は、ターペー門から徒歩20分ほどのピン川で行われています。
お祭り週間は、ちょくちょく空を見上げると
色んなところでコムローイが夜空を舞っています。

是非ちょくちょく空を見上げてみてくださいね♡♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 私の発信活動を応援してくださるスポンサー様を募集します!
  2. 西アフリカのニジェールで行われる美男子コンテストがイケメンすぎる♡!
  3. 【リアル リメンバー・ミー!】街中がドクロだらけ!死を恐れないメキシコの死者の日…
  4. 【掲載】「奇祭ハンター」、旅の軌跡|週刊新潮
  5. 女子旅におすすめの北朝鮮!金日成主席生誕祭に行ってきました

関連記事

  1. festival(世界のお祭り)

    【無病息災】神様と泥まみれの鬼ごっこ!沖縄の奇祭パーントゥ

    ギリギリまで公表されない、豊作祈願として宮古島の古くからの慣わしパーン…

  2. Europe(ヨーロッパのお祭り)

    人目気にせず楽しみたいならヴェネチアのカーニバルがおすすめ♡

    季節もそろそろ冬!寒くなってきた季節に思い出すのがカーニバル!…

  3. Africa(アフリカのお祭り)

    【閲覧注意】黒魔術?謎多きブードゥー教の祭り『エグングン』

    どうも♡遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!…

  4. Europe(ヨーロッパのお祭り)

    ギリシャのロケット花火戦争祭り!教会が祝う危険なイースター

    わっしょい\( ˆoˆ )/どうも♡世界のお祭りを巡り続ける、奇祭…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のつぶやき♡

最近の記事

  1. media

    【掲載】「奇祭ハンター」、旅の軌跡|週刊新潮
  2. CentralAmerica(中米のお祭り)

    【リアル リメンバー・ミー!】街中がドクロだらけ!死を恐れないメキシコの死者の日…
  3. Asia(アジアのお祭り)

    女子旅におすすめの北朝鮮!金日成主席生誕祭に行ってきました
  4. Africa(アフリカのお祭り)

    西アフリカのニジェールで行われる美男子コンテストがイケメンすぎる♡!
  5. media

    【執筆】世界3周目に突入する奇祭ハンターが選ぶクレイジーなお祭り30選|TRIP…
PAGE TOP