Asia(アジアのお祭り)

【超危険】台湾の過激すぎる爆竹祭り『鹽水蜂炮』レポート

わっしょい( ˆoˆ )/
世界のお祭りを巡り続ける、奇祭ハンターのちよ子(@tailovene)です。

実は今年後厄のわたし・・・。

本厄は刺激的な年だったし、後厄も見事に体の変化についていけなかったみたいです。ぴえん

ということで!
厄を落としができると噂の台湾の過激な爆竹祭り『鹽水蜂炮』に行ってきました〜!!!

台湾で行われる爆竹祭りとは?

正式名称は
『鹽水蜂炮』
「イェンシュェイ フォンパオ」
と読みます。

ロケット花火や大量の爆竹を身体で浴びるという世界十大危険祭りのひとつ!

“ちよ子”

ほかにはスペイン『牛追い祭り』や
長野県諏訪市の『御柱祭』があるよ!

爆竹祭り『鹽水蜂炮』の開催日時

毎年春節(旧正月)から15日目の元宵節(農暦1月15日)に合わせて開催されます。

2020年2月7日(金)8日(土)に開催予定です!

“ちよ子”

週末で行きやすいですねっ!レッツ爆竹‪🥳‬♡!

爆竹祭り『鹽水蜂炮』の開催場所

お祭りの開催場所は、台北から新幹線で約2時間ほどの台南市塩水エリアで行われます。

会場となる鹽水區はお祭り期間外は写真のような出店は一切なくシーンとしてるらしいです…笑

爆竹祭り『鹽水蜂炮』の行き方

爆竹会場は、塩水地区の「鹽水區」で開催されます。

今回は嘉義駅を拠点(宿泊地)にしたため、
台北から高鉄・嘉義駅までぴゅーんと行き、荷物を置いて台鉄・新栄駅まで向かいました!

新栄駅から鹽水區まではバスが出ていますよ!
(上写真がバスの時刻表です)

詳しい行き方は、一緒に行ったテツくんのブログにすげぇぇえ分かりやすく載っています(丸投げ)
▶︎台湾の爆竹祭り・鹽水(塩水)蜂炮の行き方・持ち物・注意【2019レポ】

“ちよ子”

※残念ながら祭りのフィナーレを見てからだと
新栄駅行きの終バスに間に合いませんのでご注意ください!‪

爆竹祭り『鹽水蜂炮』のスケジュール

日中でも爆竹は各自自由にバンバン鳴らしているようですが、
一番の見ものはやっぱり四方八方に飛ばされ爆竹の火種を浴びることではないでしょうか?笑

・19:00〜

お祭りスタート地点でもある、関聖帝君が祭られている武廟・人形発射台にて。

お神輿はここから何ヶ所かの地点で爆竹を鳴らし火の粉を浴びてまたここに帰ってきます。

・21:00〜
鹽水國中(運動場)にてロケット花火集中連続発射

2日目の最終日は、夜までバンバン鳴らし続けるほどの盛り上がりっぷり!笑

※フィナーレには、回転式ロケット花火発射台もあったそうです!(終電の関係で無念)

“ちよ子”

点火場所や開始時間は毎年変更になるので要チェックです!‪

爆竹祭り『鹽水蜂炮』の持ち物・必需品

会場付近に装備品がたくさん売っています!
とても安いので本場の現地購入がおすすめです!(荷物になるからね)

爆竹祭りに当たりに行くという方は、
下記の装備品は絶対にケチらずに用意してください!笑

・厚手の上着
・厚手のズボン
・耳栓
・マスク
・軍手


_人人人人人人人人人人人_
>そして一番大事なもの!<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

・フルヘルメット
・首に巻くタオル
(首を守るネックフォーマーみたいなのがヘルメットに付属している場合はOK)

25〜30度近い気温で待ち時間はかなり暑いですが、大ケガをしないためには最低限必要な服装一覧になります。

“ちよ子”

大げさだと思う方はこちらの映像を見て判断をお願いします💓笑

爆竹祭り『鹽水蜂炮』の由来

むかし19世紀に疫病が大流行し、疫病によって毎日平均2人が死亡するといった状況が約25年も続いたそうです。
疫病によって命を落とした合計死亡者数は1000名以上になるんだとか!

神さまである「関聖帝君」は、

元宵節3日前から連続3日間、「周倉爺」という神さまを先頭に、いちばん後ろを自分(関聖帝君)を引き連れて、その間で爆竹を鳴らし、街を練り歩けば疫病は治まる。

と仰ったそうで、

その言葉通り、疫病が治ったことから慣例行事として続いており、いまでは花火に当たり無病息災を祈る習慣となっています。

ここで驚きなのが「この爆竹を鳴らして疫病を…」という行為には、ちゃんとした裏付けがあるんだそうでっ!!笑

なんでも「大量の爆竹を鳴らすことによって、気温の上昇と爆竹の火薬の硫黄成分が空気中の病原体を消滅させる働きがある。」と日本の学者が言ってるそうですっ!

“ちよ子”

まぢ?そんなことって…あるん?笑

爆竹祭り『鹽水蜂炮』の未来

爆竹や花火は旧正月の風物詩と言われるほど、
爆竹を鳴らす風習は2000年以上前から中国で続いています。

大きな爆発音は、悪霊や災いを追い払って家内安全・商売繁盛祈願をしてきました。

中国南方からの移民の多い台湾でも、この旧正月での風習は受け継がれているそうです。

しかしここ数年、都市化や生活スタイルの変化によって、この爆竹音に対して苦情が増えていってるようです。
台北市の発表によると2012年旧正月期間中の爆竹に関する苦情件数は297件だったとか。

旧正月時の爆竹音は年々社会問題視され始め、今年はとうとう中国本土では禁止令が出されたそうです。

台北市も今年から爆竹の使用時間を制限することにし、大晦日・旧正月の朝7時〜夜11時までの使用を許可することにしたそうです。

“ちよ子”

こうした背景から台北市や台南市では、
“爆竹音を録音したCD”を配布したらしいwww

爆竹祭り『鹽水蜂炮』におすすめの宿泊エリア

塩水地区ではホテルなどの宿泊施設が全くないため、嘉義駅付近を拠点にすることをおすすめします!

今回私が泊まったホテルは『Travel Art Inn』

☑︎駅近
☑︎コンビニ・飲食店近っ!
☑︎朝食あり
☑︎清潔◎
☑︎WiFiサクサク◎
(Wi-Fi経由で日本のラジオ番組の出演に問題ないほど!)

爆竹祭りの拠点に最高!Travel Art Innのご予約はこちらから♡

まとめ

日本でこんな戦場みたいなお祭りはあるのでしょうか・・・。
久しぶりに体を張っためちゃくちゃクレイジーなお祭りでした!

今後参加したいと思う方は、暑さを我慢し、本格的な装備で挑むことをおすすめします!!
(大事なことなので何回も言います)

臨場感ある動画と戦場後の傷跡ですw
これを見て 興奮 覚悟してくださいね!笑

日本と比べるととにかく花火との距離が近いこと近いこと!どれだけ近づいても止める人はいないです。
完全なる自己責任。
自分で考え、判断し遊ぶことが最大限に楽しむ秘訣かと思いますっ♡!

【マンガ】台湾の爆竹祭りってこんなかんじ!【裏話】わっしょい( ˆoˆ )/ 世界のお祭りを巡る、奇祭ハンターのちよ子(@tailovene)です。 今まで巡ってきたお祭りの中で 一...